パルムのような心

フリーのシンガーソングライターで活動しています。好きなことをやってなりたい自分になることが夢です。

"ユニット"という新たな試み

2015年末くらいから、一緒に音楽制作をする仲間を探すため再びインターネットで探し始めました。

 

作詞は自分でしたかったので、作曲編曲が出来て、表向きは私がボーカルのソロとして出て活動をする"ユニット"という形で出来る方を探しました。実際にお会いするところまでたどり着けたのは2人。内1人と、年明けにお会いしました。

 

会ってすぐに一言。

 

 

「なんか、顔疲れてません?」

 

 

たしかに疲れて見えたかもしれませんが初対面でしかも会ってすぐ言わなくても良くないですか?www苦笑いしながら「そうですか~?」なんて言いながらカラオケに行って私の歌を聴いてもらって、そのまま色々お話をしました。

 

たしかCoccoさんの『強く儚い者たち』を歌って、嬉しいことに歌は褒めて頂いたんですが、その方はバンドのボーカルを探していたようで、根本から私がやりたい形とは違っていました。(ネットでユニットというワードは出していたんですが...)

お互いにやりたいことが違ったので、この方とはこの日でさようならをしました。

 

次に2人目の方とお会いしました。

ユニットという形も納得して頂き、お話したときに良い方だと感じたので、ひとまず曲を作ってみようということになりました。

 

半年ほどかけて2曲を完成させてレコーディング、マスタリングまでしたんですが、制作をしていく過程でなんとなくお互いの音楽性(好み)にズレがあるなと感じていて、納得して出来た1曲をweb上に公開することになりました。

音源はこちらです↓

soundcloud.com

 

合わないことを分かってて続けても意味がないと感じたので、共同で制作することは今回でやめることにしました。

 

私がやりたい音楽はどうしても王道JPOPからは外れてしまうので、なかなか合う方を探すのは難しいのだなと、実感しました。

 

オリジナル曲を制作したのはCDリリース以来だったので、約1年ぶり。音楽活動をしている証として発表できたのは良かったと思っています。

 

結果がどうなろうと、起きたことに無駄なことはないと思っているので、これも一つの経験なのだなと受け止めました。