パルムのような心

フリーのシンガーソングライターで活動しています。好きなことをやってなりたい自分になることが夢です。

詐欺によって無くなったもの、得たもの③

 前回の続きです。

shiho-s78.hatenablog.com

shiho-s78.hatenablog.com

 

詐欺だと分かった瞬間は、

 

「どうしよう」

 

とにかくそれだけでした。自分の懐から80万円出して無くなった訳ではなく、

 

80万円借金をしている

 

その事実が重くのしかかり、パニックになりました。

 

すぐに信頼する知人に連絡をし、事情をすべて話しました。まだぎりぎりクーリングオフ期間内だったので、Bさんに連絡をし契約をキャンセルしてもらい、80万円返金してもらうよう伝える事。キャンセルの理由を聞かれたら、「詐欺だと分かったから」とは言わず、「必要なくなったから」と言い通すこと。返金の期日を聞くこと。そして消費者センターに連絡し、全て話すこと。

 

Bさんに連絡し、キャンセルと返金の旨を伝え、理由も言いました。

「何で急に?」「あとソフトをダウンロードさえすれば放っておいても稼げるのに何で?」というようなことを言われ予想通り引き止められましたが、知人に言われた通り、「必要なくなったから」と言い続け、納得はしていない様子でしたが、何とかキャンセルと返金を了解してもらいました。

消費者センターにも連絡し、話しました。まずBさんに言われた期日まで待ち、振り込まれたか確認すること。センターからもBさんに連絡を取り、返金を促すとのことでした。担当の方から言われたのは、その手の詐欺はいくつか報告されているということ。そして返金されたとしても、良くて半分全額返金してくれるとは思わない方がいいということでした。

 

そして約束の返金日。

 

 

 

返金は0円でした

 

 

ある程度の覚悟を持って迎えたつもりでしたが、実際返金がないのを確認すると、絶望でした。するとBさんから連絡が来て、「手続きの関係で今日振り込むことが出来なかったので、〇日に振り込みます」とのこと。

 

 

「このパターン、前と同じじゃん」と思いました。(下記記事参照)

shiho-s78.hatenablog.com

 

 

消費者センターに報告の電話をしました。センターからもBさんに返金催促の電話をしてもらうことになりましたが、80万円は諦めるつもりでいた方がいいともう一度釘を刺されました。

 

知人にも返金がなかったことを報告しました。そして私がぼろぼろだということもあり、会って話すことになりました。

 

 

次回に続きます。