パルムのような心

フリーのシンガーソングライターで活動しています。好きなことをやってなりたい自分になることが夢です。

詐欺によって無くなったもの、得たもの①

東京に来て最大の事件が起こりました。 

shiho-s78.hatenablog.com

shiho-s78.hatenablog.com

 

3回目にして最大の事件です。(かなり強調)

2015年の6~7月、今後の音楽活動をどうしていくか悩んでいたり、前のバイト先を辞めて新しいところで働き始めたばかりの時期に起きました。

 

以下、経緯です。

 

SNSサイト内のメッセージに、同年代の女の子Aちゃんから連絡が来ました。

内容はごく普通で、年もそんなに変わらないし仲良くしませんかというようなもので、お互いのことを軽く話しお酒を飲むという共通点があったため、予定を合わせて飲みに行こうという話になりました。相手は女の子で同年代でしたし、友達が出来るという軽い気持ちで承諾し、都内で待ち合わせ居酒屋に行きました。

女の子を装っておじさんだったということもSNSでの出会いでよくあることですが、本当に女の子でした。

 

居酒屋で1時間くらい話した後、Aちゃんのスマホに電話が掛かってきました。席を外したAちゃんが戻ってくると、「前にお世話になった仲の良い家庭教師が近くにいるらしいから、こっちに来ても良い?」とのこと。別に拒否する理由もなかったので、「いいよ」と言いました。

 

程なくして、スーツを着た30代半ばの男性Bさんが来ました。

身なりもしっかりしていて、仕事をバリバリやってそうというのが第一印象でした。

Aちゃんから、Bさんは事務所をいくつか持って社長をやっていると紹介され、私も軽く自己紹介をしました。話の流れで音楽をやるために東京にいることも話しました。

 

3人になってからまた1時間くらい話していると、Aちゃんと私の間で、「私達20代前半だけど、もう少しお金があったら余裕でて楽になるよね~」という会話を何気なくしました。するとBさんが「月に3万円くらいだったら、確実に稼げる方法があるよ」と言いました。私達は「え!?どんな方法ですか?」と聞きましたが、「大きい声じゃ言えないから、本当にやりたいんだったら別の日にうちの事務所に来て説明してあげるよ」とのことでした。

 

私達はやりたい気持ちしかなかったので、改めて話を聞きに行くことになりました。怪しいとか、ヤバいことになりそうという感情は1ミリもありませんでした

 

約1週間後、Aちゃんと一緒に都内某所にあるBさんの"事務所"へ行きました。

 

 

次回に続きます。