パルムのような心

フリーのシンガーソングライターで活動しています。好きなことをやってなりたい自分になることが夢です。

インディーズ事務所での2年間②

 前回の続きです。

shiho-s78.hatenablog.com

 

具体的なCDリリース日が2015年6月17日に決まり、私の目標だったCDをリリースすることが達成できることが分かりました。また丁度この時期に、事務所から契約を更新するかしないかの話をされ、考えました。

 

このまま事務所にいてプロモーション活動や、次の曲の制作やライブを重ねることも可能だったんですが、今後成長する自分が想像できず、いる意味を見出せなくなっていました。どうしても"縛られてしまう"というのもあったので、いっそのことフリーになって、自分のペースでやりたいことをやった方が良いんじゃないかと思うようになり、私は、辞める意志を伝えました。

 

6月17日にリリース、1か月後になりましたがリリースライブをやり、事務所を辞めました。

 

事務所に所属して知ったことは、

自分自身が何も出来ないことです。

曲制作、ライブブッキング、リリースライブ、CDをリリースするための手続き等、すべて事務所なしでは出来ませんでした。

 

ライブに関しても、私は圧倒的に回数が少なかった。

やろうと思えばいくらだって出来る環境だったのに、ライブをやる度に、人前に出て歌うことがとても怖くなりました。人からの評価を気にしていたのかもしれません。歌の技術、MC、ファンの数、、それらを周りのアーティストと比べてばかりで、劣等感しかありませんでした。

 

ですがやはりCDをリリース出来たことは、今でもとても大きいことだと思っています。収録されている4曲に関しても、等身大の自分を表現でき、理想の4曲になりました。一切の後悔はありません。

 

嬉しいことも、辛いことも経験できた2年間。

音楽活動をする中で、意味のある2年間でした。