パルムのような心

フリーのシンガーソングライターで活動しています。好きなことをやってなりたい自分になることが夢です。

出来ないことは、やらない

詐欺事件をきっかけに、考え方が180度と言っても過言ではないくらい、変わりました。

 

私は経験に基づいて自信を付けていくので、今後どうするか考えるときは昨日までの生き方をフル活用して決めます。

 

今後の音楽のやり方を考えた時、優先順位は"無理せず楽しんでやれること"でした。

 

私は昔から親戚も認めるほど大人しく主張が苦手だったんですが、好きなことに関しては目立ちたいという我ながら図々しい性格をしていることに気付きました。

 

音楽で目立つための手段として歌を選んだのです。

 

ですが実際にソロで活動した時は目立つどころか苦しさがずっと付き纏っていました。

頑張りたいのに、どうしてても頑張れない。音楽だったら頑張ろうと思わなくても頑張れたのに、頑張れない自分が嫌いでした。

人に対しての恐怖心がどこへいっても拭えず、評価や見え方を気にしてばかりで、自分らしさがどんどん欠如していきました。

 

音楽を続けていくためには、人と関わることは必要不可欠。

残酷ですが、私はこの業界に向いてないのです。

 

向いてないことを自分で認められましたが、音楽はどうしてもやめられない。でも100%音楽(歌)で生活しようとすると、そこまで到達するまでに自我が崩壊してしまう。だったら、出来ないことをやろうとするのをやめて、出来る事だけをやれば良いのではないかと思いました。

 

周りがどんな活動をしても、自分は自分であり、比べる必要なんてない。

周りが平気でやってのけることは私には出来ないけど、それを悲観する必要はなく、私は私が出来ることをやればいい。出来ないことは、やらなくていい。

 

今まで蓋をして隠してきた自分の弱さを認めることで、心がとっても軽くなりました。

 

どんなに嫌なこと、悲しいこと、辛いことがあっても、音楽だけは変わらずにそこにいてくれます。人は簡単に裏切るけど、音楽は絶対に裏切らないという揺るぎない信念が私にはあります。音楽をやめることは自分が無くなることに等しいのです。続けることで自分でいられるし、自分を好きでいられます。

 

 

具体的にどうするかについて。

 

バンドを始めて複数人で音楽をやる楽しさも証明されていましたし、ソロだと出来ることが限られる。であればいっそのこと、誰かと一緒に音楽を作った方が良いのではないかという結論に至りました。

 

バンドメンバー探しの次は、楽曲制作のパートナー探しを始めました。

"楽しい"を実感する

バンドをやることを決めて、インターネットの掲示板でキーボードを探している記事を探しました。

 

探すときに気を付けたのは、趣味としてやること、年齢が近いこと、私が好きなJPOPのカバーであること。

 

全部当てはまっていた記事があったのでメッセージを送り、実際にお会いすることになりました。SNS関連では散々痛い目に遭ってきたので怖い気持ちもあったんですが、もし何かあればすぐに逃げるつもりで行きました笑

 

ですがそんな心配は無用だったようで、メンバーの皆さんはとても良い人で、怪しげな話もなかったので大丈夫かなと思い加入したい気持ちを伝えました。

結果、無事に加入が決まり、2015年11月ごろから活動を始めました。

 

ソロの時はスタジオで練習するときもライブでも一人なので心細い気持ちがあったんですが、複数人で活動するというのはとても心強く、久しぶりに"音を合わせる"ことをやったのでとても楽しかったです。

 

ソロとバンドの活動を完全に分けることで、バンドが良い意味で息抜きの場として機能することが出来ました。

 

2016年10月にライブもやり、趣味とはいえずっと練習をしてきたので達成感がありました。

 

達成感と同時に、メンバー同士が同じ気持ちでないと同じメンバーで活動するのは難しいということも知って、今現在もバンドは続けていますが、メンバーは何人か変わってしまいました...。でもこれは周りを見ても、プロを見ても、しょうがないことなのかなあと思っています。

 

私としては紆余曲折あって辿り着いた新しいバンド活動という"道"であり"場所"だったので、良い人たちに恵まれることが出来たのは、ようやく掴んだ幸運の一つだったのかもしれません。

 

このバンドをきっかけに、なんとなくですが、空気が良い方向に進んでいる感じがしたんですね。やりたいと思ったことをやるっていうすごく簡単なような事が実はとても大切なんじゃないかと。簡単なようで私は意識しないと出来なかったんですが、その方がスムーズに事が進んでいくような気がしました。

 

空っぽになったその先

2015年7月中旬、詐欺事件が無事に解決し、私は改めて自分と向き合う事にしました。

 

素直に今どうしたいのか。何をしたいのか。

ですが、何も考えられませんでした考えたくありませんでした全てがどうでもよくなって、空っぽになりました

 

ずーっと蓋を閉め続けていた心が、詐欺事件をきっかけに一気に溢れて、隠していた感情が全て無くなってしまいました

 

なので私は区切りとして8月に一回だけライブをやり、それを最後に秋ごろまで練習を含めて歌うことをやめました。というか、歌いたいという気持ちになれませんでした。

 

今まで自分自身を追い詰めていたので、音楽を嫌いになりそうだったんですね。"何もしたくない"という感情に従った結果が、"歌わない"ということだったんです。

 

音楽をやりたくて東京に来たのに、東京に来て音楽が嫌いになったら、最悪ですよね。私は本当に音楽が嫌いになったのだろうか。もしそうだったら、私は何のために生きていけば良いのだろうか、と不安になりました。

 

歌うことはしばらく出来なかったんですが、音楽を聴くことは続けてました。自然と、聴いていたんですね。この時久しぶりに、クラシックでも聴いてみるかと思い立ち、前に買った『のだめカンタービレ』関連のCDを漁ってみたり、やっぱりクラシックも素敵だな~と思ったのでドラマや映画も見直してみたり。

 

内容は全部知っているはずなのに何故かとても新鮮で、笑って、感動して、最初観た時のように夢中になりました。

 

のだめは私が忘れかけていた、純粋に音楽を楽しむことの大切さを思い出させてくれました。 

 

音楽は楽しんでやるもの。苦しむものではありません。楽しいから子供のころから続けてこれた訳ですし、その気持ちを忘れちゃダメだと思いました。

でも本来楽しいはずの音楽を苦しいものにしてきたのは紛れもなく自分自身なのだから、楽しいものに変えるのも、自分自身です。

 

空っぽだった心に、少しだけ光が見えて、視野が広くなってきました。

 

音楽を楽しむために、どうすれば良いのか。

東京に来てからずっと歌だけをやってきたんですが、私は高校卒業まで11年ピアノを習ってきました。折角ピアノが弾けるんだから、やらないのは勿体ないのではないか。

何か活かせないかと考えたときに思いついたのは、バンドでした。

 

例えばソロで弾き語りをやってしまうと、まだそこまでの気力はないし、ソロという事でまた気負ってしまうような気がしました。でもバンドだったら、今までやったことがなかったので新たな気持ちで取り組めますし、誰かと一緒に音楽をすることで、学生時代の時のような楽しみ方が出来るのではないかと思いました。

 

なので私は早速、メンバーを探し始めました。

 

 

次回に続きます。

詐欺によって無くなったもの、得たもの④

 前回の続きです。

shiho-s78.hatenablog.com

shiho-s78.hatenablog.com

shiho-s78.hatenablog.com

 

期日までに返金がなかったことで、80万円の借金を背負っている事実がのしかかり絶望していた私は、騙されたことにより自分を責め続けていました。ちょっと考えればすぐに怪しいと思うはず。何で最初に居酒屋で話した時に気付けなかったのか。何で"事務所"まで行ってしまったのか。何でやるなんて言ってしまったのか。何で80万円を手渡ししてしまったのか。馬鹿で愚かで世間知らずだと、とにかく自分はダメな人間なんだと責め続けました。返金にも、もう期待はせず、どう返していくかということを考え始めていました。

 

そんな気持ちを抱えて、知人に会って話しをしました。

 

知人にも80万円は返ってこないと思った方がいいと言われましたが、それよりも今は、「目の前の80万円をどうするかよりも、詐欺に遭ってしまった時の自分の心の状態としっかり向き合わなければいけない」と言われました。

 

最初はピンとこなかったんですが、

 

「本当はずっと辛かったんでしょ?」

 

と言われて、

 

ずっと抑えていた感情が爆発してしまいました

 

 

バイトでは声がずっと本調子ではなく思うように歌えない日々が続き、ようやくバランスを取りながら歌えるようになってきたと思ったら業務が辛くなり、転職。慣れない環境で働きながら、音楽とバイトの両立で生活も不安定なまま。CDのリリース時期になり、自分では何も出来ないことを思い知り、それでも"やらなきゃいけない"という自分が勝手に作ったルールに縛られる。

 

思えば上京してから、"こうでなければいけない"、"こうならなければならない"ということが常に頭の中にあって、自分の本当の感情に蓋をして過ごしてきたことに気付きました。

 

結果、心に余裕がなくなり視野がどんどん狭くなって、甘い言葉を信じ切り、騙されてしまったんだと思いました。

 

以前、音楽事務所の件でトラブルに遭った時も、これからは自分の目でしっかり見極めなければならないと思ってはいたのですが、思っていただけでした。本当の意味を分かっていなかった。まず自分の心がどういう状態なのか。心と向き合っていない限り、正しい視点で人や物事を見ることは出来ないです。

 

心の状態に問題があったことに気付き、次に80万円をどうするかという話になりました。

 

私自身は、これから仕事に重きを置いて、自分で返済していくつもりでした。

ですがカードローンには利子があります。自分で返済していくとなると、利子もかなりの額になりますし、ただでさえ80万円という額なのに返済の終わりが見えません。

 

それを踏まえた上で、知人には親に払ってもらった方がいいと言われましたが、私は親に頼ることだけは断固拒否しました

 

音楽をやるために上京してきて、経済的にも精神的にも自立しなければいけないのに、「80万円の詐欺に遭ったので助けて下さい」なんて、言いたくありませんでしたし、絶対に言えないと思いました。言ったら、「帰ってきなさい」と言われると思いました。

 

ですが現実的に考えて、一番早く返済できるのは親に頼ることだということは分かっていました。

 

今まで親には"困らせたくない"という気持ちがあり、自分の悩みや感情を話したことは無かったんですが、このタイミングで話せたら、不必要に分厚くした壁を一つ壊せるのではないか。"親だから"、困らせていいんじゃないか。話せたら、自分の中の何かが変われると思いました。

 

悩みに悩んで、親に頼ることを決めました覚悟を決めました

 

 

そしてBさんから言われた、2回目の期日。駅のホームで、スマホで確認しました。

 

 

 

すると、奇跡が起きたんです.......

 

 

 

80万円、全額振り込まれていました!!!

 

 

信じられなくて、ずっと画面を見ました。

でも確かに、80万円振り込まれていました。。

泣きそうになりながら、すぐに消費者センターに連絡しました。担当の方に「奇跡だよ!本当に良かったね。今まで本当に全額返ってきた例なかったんだよ。もうこんなこと二度とないようにね!」と言って頂き、お礼を伝え、終話しました。

 

知人にも報告し、「覚悟したから、返ってきたんだよ」と言われました。

 

 

安堵と、視界が一気に開けた感じがしました。

返ってこない覚悟、親に言う覚悟を持てたことは絶対に無駄ではなかったと思っています。

 

無駄に抱えていた心の重い荷物が無くなって、その代わりに本当の気持ちを見る勇気を得ました

 

詐欺に遭ったことも、きっと必然だったんです。

詐欺によって無くなったもの、得たもの③

 前回の続きです。

shiho-s78.hatenablog.com

shiho-s78.hatenablog.com

 

詐欺だと分かった瞬間は、

 

「どうしよう」

 

とにかくそれだけでした。自分の懐から80万円出して無くなった訳ではなく、

 

80万円借金をしている

 

その事実が重くのしかかり、パニックになりました。

 

すぐに信頼する知人に連絡をし、事情をすべて話しました。まだぎりぎりクーリングオフ期間内だったので、Bさんに連絡をし契約をキャンセルしてもらい、80万円返金してもらうよう伝える事。キャンセルの理由を聞かれたら、「詐欺だと分かったから」とは言わず、「必要なくなったから」と言い通すこと。返金の期日を聞くこと。そして消費者センターに連絡し、全て話すこと。

 

Bさんに連絡し、キャンセルと返金の旨を伝え、理由も言いました。

「何で急に?」「あとソフトをダウンロードさえすれば放っておいても稼げるのに何で?」というようなことを言われ予想通り引き止められましたが、知人に言われた通り、「必要なくなったから」と言い続け、納得はしていない様子でしたが、何とかキャンセルと返金を了解してもらいました。

消費者センターにも連絡し、話しました。まずBさんに言われた期日まで待ち、振り込まれたか確認すること。センターからもBさんに連絡を取り、返金を促すとのことでした。担当の方から言われたのは、その手の詐欺はいくつか報告されているということ。そして返金されたとしても、良くて半分全額返金してくれるとは思わない方がいいということでした。

 

そして約束の返金日。

 

 

 

返金は0円でした

 

 

ある程度の覚悟を持って迎えたつもりでしたが、実際返金がないのを確認すると、絶望でした。するとBさんから連絡が来て、「手続きの関係で今日振り込むことが出来なかったので、〇日に振り込みます」とのこと。

 

 

「このパターン、前と同じじゃん」と思いました。(下記記事参照)

shiho-s78.hatenablog.com

 

 

消費者センターに報告の電話をしました。センターからもBさんに返金催促の電話をしてもらうことになりましたが、80万円は諦めるつもりでいた方がいいともう一度釘を刺されました。

 

知人にも返金がなかったことを報告しました。そして私がぼろぼろだということもあり、会って話すことになりました。

 

 

次回に続きます。

詐欺によって無くなったもの、得たもの②

 前回の続きです。

shiho-s78.hatenablog.com

 

日を改めて再び3人で会うことになり、Bさんの"事務所"になっているというマンションの一室へAちゃんと向かいました。

 

奥の部屋に通された私たちは、PCの画面を見ながら具体的な"お金を稼ぐ方法"について説明を受けました。

 

一言でいうとそれは、

 

 

 

「競馬」

 

 

 

 

ただ、競馬場に行って馬券を買ってレースを見る訳ではありません

 

私自身が競馬をやるのではなく、ソフトがやるのです。

 

予め元手としてお金を振り込んである口座をソフトに登録し、競馬が行われる土日にソフトを起動しておくことで自動的に馬券を買ってくれ、勝った分のお金が自動的に振り込まれるという仕組みです。

 

Bさんは自身がやった(という)前月、前々月等の結果を見せてくれました。勝ち負けが"リアル"に表示されており、最初に会った時に「月に3万円くらいだったら、確実に稼げる方法がある」と言っていたことに納得しました。負けている分は確かにマイナスになっているんですが、トータル勝っているレースの方が多く、プラスになっていました。

 

ソフトの説明を一通り受けた後、これをやるためには必要なものが3つあると聞きました。

まず一つはPC。もう一つは口座。そしてもう一つは、ソフト。

Bさんは、「PCと口座はすぐ用意できると思うんだけど、問題はソフトなんだよ。こんな良いソフトだから、そんなに安くないんだ」と言い、私たちは恐るおそる値段を聞きました。

 

 

 

ソフトの値段は、80万円でした。

 

 

 

音楽とバイトの両立で、80万円なんて払えませんでした。Aちゃんも、払えないと言っていました。ではどうやって80万円を払うのか。

 

Bさん「2人と同じ年代でこのソフトを使っている子は、みんなカードローンでお金を借りるんだ」

 

「でも大丈夫。最初の1年は勝ったお金で80万円を返さなきゃいけないけど、2年目からは増えていくだけだから」とのこと。

 

 

 

後から自分自身を恐ろしいと思ったんですが、ここまで話を聞いても、微塵も怪しいと思いませんでした

 

 

やりたいという意志が明確に合った私たち2人はその日のうちにカードローンへ行き、2社から50万円ずつ借り、内20万円を元手にし、ソフト購入の契約書を記入し、80万円をBさんに手渡ししました

 

 

そしてソフトのインストールは、後日電話で説明を受けながらすることになりました。

 

ソフトを購入してからもうすぐ1週間が経つ頃、私はソフトが実際どのくらい評判が良いのか調べようと思い、ソフト名を検索しました。ここでありえないことが起こります。

 

 

 

 

検索結果、0件。

 

 

 

インターネットが当たり前の時代なのに、0件。ようやく、ヤバいと思いました。

 

ソフト名ではなく、「競馬 ソフト 詐欺」等と検索してみると、数年前に競馬の詐欺で業務停止命令を受けた会社の記事を見つけ、詐欺例もあったので読んでみると、今回の件とほぼ同じ内容。しかも、Aちゃんはグルでした

 

 

私は頭が真っ白になりました。

 

 

次回に続きます。

詐欺によって無くなったもの、得たもの①

東京に来て最大の事件が起こりました。 

shiho-s78.hatenablog.com

shiho-s78.hatenablog.com

 

3回目にして最大の事件です。(かなり強調)

2015年の6~7月、今後の音楽活動をどうしていくか悩んでいたり、前のバイト先を辞めて新しいところで働き始めたばかりの時期に起きました。

 

以下、経緯です。

 

SNSサイト内のメッセージに、同年代の女の子Aちゃんから連絡が来ました。

内容はごく普通で、年もそんなに変わらないし仲良くしませんかというようなもので、お互いのことを軽く話しお酒を飲むという共通点があったため、予定を合わせて飲みに行こうという話になりました。相手は女の子で同年代でしたし、友達が出来るという軽い気持ちで承諾し、都内で待ち合わせ居酒屋に行きました。

女の子を装っておじさんだったということもSNSでの出会いでよくあることですが、本当に女の子でした。

 

居酒屋で1時間くらい話した後、Aちゃんのスマホに電話が掛かってきました。席を外したAちゃんが戻ってくると、「前にお世話になった仲の良い家庭教師が近くにいるらしいから、こっちに来ても良い?」とのこと。別に拒否する理由もなかったので、「いいよ」と言いました。

 

程なくして、スーツを着た30代半ばの男性Bさんが来ました。

身なりもしっかりしていて、仕事をバリバリやってそうというのが第一印象でした。

Aちゃんから、Bさんは事務所をいくつか持って社長をやっていると紹介され、私も軽く自己紹介をしました。話の流れで音楽をやるために東京にいることも話しました。

 

3人になってからまた1時間くらい話していると、Aちゃんと私の間で、「私達20代前半だけど、もう少しお金があったら余裕でて楽になるよね~」という会話を何気なくしました。するとBさんが「月に3万円くらいだったら、確実に稼げる方法があるよ」と言いました。私達は「え!?どんな方法ですか?」と聞きましたが、「大きい声じゃ言えないから、本当にやりたいんだったら別の日にうちの事務所に来て説明してあげるよ」とのことでした。

 

私達はやりたい気持ちしかなかったので、改めて話を聞きに行くことになりました。怪しいとか、ヤバいことになりそうという感情は1ミリもありませんでした

 

約1週間後、Aちゃんと一緒に都内某所にあるBさんの"事務所"へ行きました。

 

 

次回に続きます。